Python のページ

いまのところ,(この研究で)C言語・C++言語の次に覚えるとしたら,Pythonが本命でしょう.

Pythonは,インタプリタ言語なので,1行づつ処理を順番に実行することができるので,取り掛かりやすい.
あるいは,テキストファイル(拡張子は .py )にソースコードを記述して,一括でまとめて実行することも可能.

Python3のインストール

過去のPython資産を大量に持っているのでない限り,新しく始める人は(Python2 ではなく)Python3を使いましょう.

動作確認

インストールが完了したら,コマンドプロンプトで,以下のように打ち込んでみよう.

Windowsの場合
Z:\> python

Python 3.7.3 (v3.7.3:ef4ec6ed12, Mar 25 2019, 22:22:05) [MSC v.1916 64 bit (AMD64)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.

>>>          (<- このようなプロンプトが出ればOK)
Macの場合

% python3

Python 3.7.2 (v3.7.2:9a3ffc0492, Dec 24 2018, 02:44:43) 
[Clang 6.0 (clang-600.0.57)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>


% python          (ふるい Python2 が起動してしまうので注意!)

Python 2.7.10 (default, Feb 22 2019, 21:55:15) 
[GCC 4.2.1 Compatible Apple LLVM 10.0.1 (clang-1001.0.37.14)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

いずれの場合も,exit()と入力することで,Pythonの入力プロンプトを終了できる.

IDLEの使い方

シェルに直接プログラムを入力する方法

Pythonをインストールすると,標準でIDLEと呼ばれるソフトウエアがインストールされる.
これを起動すると,シェル画面が現れる(コマンドラインから python (or python3) を起動した状態と同じ.)

python shell

数行で済むような短いプログラムの場合は,ここにプログラムを順次打ち込めば,インタラクティブにプログラムが実行できる.

エディタでソースファイルを作成する方法

ソースコードを別途エディタに記述して,実行する場合は,「File」「New file」で,エディタを開き,ここに処理を記述する. 下記のようなソースファイルを名前をつけて保存し,メニューの[Run][Run Module],または [F5] キーで直ちに実行できる.
(2019/5/8 日本語の入力がイマイチ.最終的に入力はできるものの,変換中の候補が表示されない.)

エディタについては無理にこれを使わなくても良く,miやVSCode, Atom など自分の好きなものを使うのが良いでしょう.

ソースコード編集
edit

実行結果
runshell

Python起動時にシェルでなくエディタを開きたければ,Preference(設定) の General ページで Open Edit Windowを選択しておく.
IDLE-setting-general

C言語ユーザーのためのPython速攻理解

C言語ユーザーのためのPython速攻理解
ひととおりC言語を習ったことがある人向け,Pythonの最短学習ページです.

いろいろ

市販の書籍参照. 研究で使いそうなもの or 使ったものの備忘録です.